2009年09月11日

カナダ留学の神様のシナリオ

奇跡のシナリオ



■8月28日


今日の夜は、
マリリンと、
昨日行けなかった
【ワーホリの純子さんがバイトをしている日本食レストラン】
に行こうと話していました。




僕はいつもの通り、たくさんの学校を周り、
たくさんの学校関係者と会い、
充実した時間を過ごしていました。




最後の学校訪問の終盤、僕の携帯電話が鳴った。
相手はマリリン。




【じゅんじ、今日の予定、変更するわよ!!】




それから20分後、




僕は学校訪問を終え、
同時にマリリンは車で僕をピックアップに来てくれて、
全ての状況が明らかに!!




実はマリリンの友人のバレンティナさんが、
前夫のバドさんの誕生日をお祝いする為、
ディナークルーズのチケットを買っていたのだけれど、
バドさんとこの日、どうしても連絡が取れず、
【バドは何かの理由でトロントにいないみたいなの・・・マリリン、チケットをもらってくれる?】
とバレンティナさんからの急なお誘いだったそうです。




マリリンがTELを受けたのは5時半。
僕を拾ってくれたのは夕方6時。
ディナークルーズの乗船時間は7時。




マリリンと僕は、
まずバレンティナさんからチケットを受取るため、
トロントの南西の待ち合わせ場所へ!




少し渋滞している・・・
時間は本当にギリギリだ・・・




運よく、バレンティナさんとはスムーズに会えて、
さあ、クルーズシップへ!!




そこまではおよそ10分。
おっと、僕達に残された時間は残り15分・・・
急がなきゃ・・・




クルーズシップが見えた!
残り5分。
マリリンは駐車スペースを探す為、僕が一人でクルーズシップに走る。




僕はクルーズシップのクルーに
【ミス・バレンティナ・ディークは車を駐車しているから、少し待ってね】と、
クルーズシップが出航しないよう、引きとめ。




マリリンは7時ジャストになっても、7時3分になっても姿が見えない。
駐車場を探すのに手間取っている様子。




僕は【ちょっと待って】とクルーに言い残し、
マリリンを探しに走る。
2分後、マリリンが遠くから歩いてくるのが見えた。




72歳のおばあちゃんなので、マリリンは走れない。
ここはマリリンの到着をじっと我慢。




ふ〜〜〜、
やっとクルーズシップが出る前に、僕達は無事に船の入り口へ!!
マリリンは、
【私がバレンティナ・ディークよ】
と胸を張った(このチケット、人に譲渡してはダメなチケットだったので、マリリンが、バレンティナだと言い張る必要があった)




そして、マリリンは僕を指差し、【彼が私のゲストです】。




すると、急にクルーの顔が少し曇ったのが分かった。
【ミス・ディーク。実は、あなたのお連れ様は、既に船内でお待ちです・・・】




僕とマリリンは顔を見合わせた。




【まさか・・・・】




マリリンはクルーに
【その人は、バドという名前でないか、確認してもらえる?】




まさかのまさかが起こってしまった。。。
バレンティナさんが【もうバドはこれないから】と譲ってくれたチケット。
でも皮肉にも、バドさんは船内。
そしてクルーズシップの乗り口には、バドさんと面識のない僕達2人。。。
さて、困ったぞ・・・




でも、若い船のクルーは、とても爽やかに
【招待が重なってしまったのですね。3人でも大丈夫ですよ。イスをもう一つご準備します】
と、素晴らしいホスピタリティ精神を持って、僕達を迎え入れてくれました。
(もちろん、クルーはこの複雑な状況は知りません)




晴れて乗船した僕達は、
見知らぬバドさんと初対面。
挨拶をし、一緒の席について、お互いのことを自己紹介!



August28-5.jpg



バドさんは、長年、投資のアドバイスなどをする会社を経営されていて、
今も現役の大社長。
娘さんは長年に渡りホームステイを受入れているホストマザー(町はトロント以外)。
バレンティナさんからは、1ヶ月ほど前に誘われていたこと。
今日は電話に出られなかったこと。
などなどなどなど・・・





素晴らしい料理をいただきながら、
僕達は楽しい時間を過ごしました。




途中、船外に出て、オンタリオ湖の風を感じ、
夜のトロントの景色を堪能しながら、少しトロントの歴史をバドとマリリンが教えてくれました。

August28-2.jpg
僕の写真の腕前が悪くて・・・
超キレイでしたよ!!!

August28-6.jpg
August28-3.jpg
August28-4.jpg





カナダの神様は、なんて素敵なプレゼントをしてくれるんだろう!
素敵なカナダ人2名と、楽しい時間でした。




あ、でもね。
マリリン曰く、
【私は、こんな素敵な男性2名に囲まれて、今、トロントで最もラッキーガールは私よ】
と、ご機嫌でした!!!

August28-1.jpg


posted by Junji at 09:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。