2009年09月10日

ホストマザーのマリリン

■8月27日

過去約7年にわたり、
本当に多くの素敵なファミリーをピュアカナダのために紹介してくれたマリリン。

そこで今日は、マリリンをデートに誘いました。




ピュアカナダのワーキングホリデーの純子さんが働いているレストランでの予定でした。




ところが、ホームステイママのマリリンから提案がありました。
【ジェイド(一緒にステイしている韓国人)の誕生日が今週末だから、二人でお祝いに行こう】
とのこと。





そういえば、僕、マリリンの家に来てから約3日、まだジェイドとしっかり話したことがありませんでした。
というか、ホームステイ先にほとんどいないんです。。。
僕も2度ほど挨拶を交わした程度でした。。。
マリリンにジェイドの事を聞いてみると、
【毎日、学校から帰ると、韓国人同士で一緒に韓国語を話し、韓国人街で遊び、他国の生徒と交わろうとしない・・・】
と心配していました。





ジェイドを拾い、マリリンと車で韓国レストランへ!
そこで韓国料理を堪能し、そこでジェイドのこれまでの経緯なんかをいろいろ聞きました。
話を聞いてみると、なんとも好青年!
英語はまだまだだけど、一生懸命話そうという姿勢を持ち、話す内容もとても面白い。
韓国のことをたくさん教えてくれました。





日本人学生たちにとって、
日本人と固まり、日本語だけを話す日々を送る留学生は多いように思います。
でも、これ、環境のせいじゃなく、実は、自分の心の問題なんですよ。





日本人が20%いる学校があるとしましょう。
日本人が多いか少ないかは別として、残り80%が日本人以外の外国人であることを忘れている人があまりにも多い。
日本人が多いから、日本語で話してしまう・・・・
そう言い訳をする人があまりにも・・・・
でもね、その学校でたくさんの外国人の友達に囲まれて過ごしている生徒もたくさんいることは、見て見ぬ振りをしていますね。
心のどこかで、【流されてしまっている自分】がいることを、分かっていて隠している人が多いような気がします。
どうか、環境のせいにして時間を無駄にするのではなく、自分の一歩一歩を大切に踏みしめてくださいね。





さてこの夜、マリリン、ジェイド、僕は、ピュアカナダの生徒さんである龍一君がホームステイしている家を電撃訪問(笑)
龍一君は、【なんで小谷さんがいるんっすか〜】って超びびっていました(笑)
龍一君は、まだまだ英語は発展途上だけど、ホストマザーに愛され、とても素敵な時間を過ごしていることを話してくれました。
学校でも友達が多く、楽しく過ごしていると、彼の口から聞くことができ、とてもハッピーな気持ちになりました。





彼の成長を確認した後、マリリンの家へ!
3人とも、ジェイドの誕生日をまだまだ祝い足りない感じで、ワインを持ってベランダへ!
そこで3人で様々な話をしました。
マリリンの昔の話。
僕のカナダやオーストラリアの旅の話。
ジェイドの韓国での話し。
それはそれは盛り上がりました。





マリリンは、生徒に英語を話す機会をたくさん準備してくれるマザー。
いつもにこやかで、ワイワイ話すのが好きな女性なのです。
マリリンと僕があまりに楽しそうな姿を見て、最後にジェイドが言ってくれました。
【マリリン、じゅんじ、僕は今まで間違っていました。これからは韓国人だけでなく、様々な国の人たちと出会い、話さなければって思いました。こんないい機会を与えてくれてありがとう】
と。
マリリンと僕は、アイコンタクトを取って、とてもうれしい気持ちを伝えました。
そしてマリリンと僕は伝えました。

カナダには英語を勉強しに来て、そして世界中の友達に会いに来ている。
これは他の皆もきっと同じ。
皆が素敵な時間を過ごせるよう、そんな留学を今後も手伝って生きたいと心から思った瞬間でした。






最後に僕が付け加えました。
【何事も、楽しむ気持ちを忘れずにね】
ジェイドは笑顔でうなづいてくれました。


ジェイド、27歳の誕生日、おめでとう!!


posted by Junji at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。