2009年06月16日

ジョージさん

今年2009年は、僕が経営する会社【ピュアカナダ留学センター】の10年目になる年です。


1999年9月9日9時9分9秒


これ、嘘のような本当の【会社をスタートした時間】です。



10年という時間を振り返ってみると


確かに大変だった事も思い浮かびます。少し・・・



苦い思い出も出てきます。少し・・・





でも、そんな事より100倍も1000倍もたくさんの出会いに恵まれたことで頭がいっぱいになります。





そんなたくさんの出会いの中でも、決して忘れられないのが


ジョージさん


との出会い。





ジョージさんって誰やねん??


当然、この文章を読んでいる全員が思う事だと思います。




僕は、26歳で自分の会社を作る前、1年間だけドッグフードの会社でサラリーマンをしていました。


その時期に別のペットフード関連会社で働いていた4〜5歳のがジョージさん。何度か仕事先で顔を合わせるだけの、【他社の人】でした。




ジョージさんはとても気さくな人で、社会人1年目の僕にとても優しく、いろいろな事を教えてくれました。




ドッグフードの営業をしていた頃、僕は24歳。


右も左も分からない当時の僕にとって、辛い日々だと感じていました。(今思えば、僕がただ甘ちゃんだっただけですが)


でもそんな中で、ジョージさんという先輩と知り合えたことは、あれから10年以上が経過した今思っても、【とても大切な財産】です。





僕は会社に

【自分で会社を作りたいから辞める】

と辞表を出しました。当時の部長達は、

【お前、逃げてるんちゃうか?】

と言われました。

ドッグフードの営業として、成績が【社内で最下位】に限りなく近い劣等社員だった僕の姿は、上司から見ると、


ただ会社から逃げ出したいだけの若僧


に映っていたことでしょう。





そんな当時の僕を応援してくれた数少ない一人が、ジョージさんでした。





1999年9月9日9時9分9秒の創業。


そこから、僕達は【超貧乏生活】がスタートしました。

当時、1日夫婦500円で、テレビもない環境で生活していました。

それでも、自分が感じた

【カナダ留学って、人生を変えられるきっかけになれる】

【視野が広がるって、人生が広がる】

【自分の可能性を狭めているのは、自分自身】


そういう殻を破るチャンスを提供したい。

【カナダ留学】という形のないものを通して、若い人達に大きなチャンスを提供したい。

熱い想いだけでした。





駅でビラを配り、


1日中歩き回り、


またどこかの大学の近くでビラを配り、


でも先の見えないトンネルに迷い込んだような、そんな毎日でした。






僕は、ビラを配りに行った先の公衆電話から、事務所に電話で連絡を入れます。


ドンドン公衆電話が減っていってしまい、公衆電話を探すのに苦労しました。


それでも【収入がゼロ】だから、やっぱり公衆電話が唯一の手段でした。






僕達の姿を見て

【じゅんじ、お前、ケータイくらい持たんと、仕事にならんやろ】

とジョージさん。

【いや〜、今は持てないっす。カツカツなんっすよ】

と僕。

【お前、どうやって仕事してんねん】

とジョージさん。

【公衆電話、探して歩いてます・・・アハハ】

と僕。

【なら、俺が借りたるわ。】


【なら、俺が借りたるわ。】

【なら、俺が借りたるわ。】

【なら、俺が借りたるわ。】

【なら、俺が借りたるわ。】




【ナラ、オレガカリタルワ・・・・・・・・・・】





【えっ・・・】




固まる僕に、ジョージさんは続けました。


【俺が払ったるから、それ使ったらええやん】

【絶対、ケータイはいるで】

【払えるようになったら、払ったらええやん】






【えっ・・・】





耳を疑いました。

申し訳なさ過ぎて、何度か断りました。

でもジョージさんは、

【ええねん】

の一言で、僕達に救いの手を差し伸べてくれました。







約2年間、僕はジョージさんに甘えたまま、
結果の出せない日々を悪戦苦闘しました。
2年目のある日、
【ジョージさん、ほんま、ありがとうございます。払える目処が付きそうです】
ジョージさんは喜んでくれました。






たくさん話す人じゃない。

何か笑わせるような感じの人じゃない。

でも情熱が内側からグツグツと煮えたぎってるような、そんなジョージさん。

当時、僕が26歳だったから、ジョージさんは31〜32歳の頃です。

37歳になる今の僕、まだ当時のジョージさんの足もとにも及びません。





あの時のジョージさんの優しさがなければ、

情熱を持って【カナダ留学の素晴らしさ】を伝えてきたこの10年はなかったかもしれません。




ジョージさんと出会えてなかったら、

【ジョージさんに教えてもらったたくさんのこと】
を知らないまま、37歳を迎えていた事になります。





僕は、この10年間でたくさんの素晴らしい出会いに恵まれてきました。
たくさんの出会いは、ジョージさんの優しさがあったからこそ、10年続いてきたものだと、このブログを書きながら、改めて感じました。





ジョージさん、ありがとう。






追伸・・・
先日、超久しぶりにジョージさんに会いました。
ジョージさんは、奥さんと、初めて【カナダ・バンクーバー】に行ってきたそうです。

【いや〜、じゅんじ、バンクーバー、よかったで!!はまるわ!】

僕が人生の転機を迎えたカナダ・バンクーバーという街。

10年が経過した今年、

ジョージさんと奥さんがバンクーバーを訪れ、

気に入ってくれて、

なんか、涙出そうでした。
posted by Junji at 22:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学んだこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。